茅ヶ崎市での葬儀について

茅ヶ崎市で好評の葬儀の写真

茅ヶ崎市で好評の葬儀

葬儀のかたちはいろいろあれど、茅ヶ崎市で人気の葬儀は外でもない「家族葬」です。家族葬は、家族や親族をメインに執り行われる葬儀の一種です。家族葬に明確な定義はありませんが、文字通り家族だけの場合もあれば、親族を招いたり、時には故人と親しかった友人や知人を招くこともあります。

ただ、家族葬といえども人によっては色々な解釈があり、例えば、お通夜を省いて告別式と火葬式だけを一日で行なってしまう葬儀は一日葬と呼ばれますが、これを家族葬と呼ぶ方も多くいらっしゃいますし、その誤認識が間違っているわけではありません。これと同じく、お通夜や告別式も省略して、安置所から直接火葬場に向かって火葬のみを行う葬儀、火葬式(直葬)のことを家族葬と呼ぶ方もいらっしゃいます。ですので、ここでは分かりやすいように、火葬のみを行う葬儀を火葬式、通夜式を省くだけの葬儀を一日葬、一般的な葬儀と内容は変わらないが、招待する人を限定的に行う葬儀を家族葬と呼ぶようにします。

家族葬の利点は、ご遺族がたくさんの参列者の対応に追われることなく、アットホームで落ち着いた空気感の中でゆっくりと個人とのお別れの時間を作ることができることです。家族葬および一日葬、火葬式は参列者が少ないのでおもてなしに必要なお料理や返礼品などの費用が低く抑えられる傾向があります。また、葬儀の規模が小さいため利用する葬儀場を選択肢が増えるとともに、利用料金も安くなります。

ただ、昨今は感染予防措置やソーシャルディスタンスといった概念が浸透しつつあるため、可能な限り小規模で簡素な葬儀を行う傾向が強くなっています。そのため、一般葬でも家族葬でもなく、一日葬や火葬式(直葬)が選ばれる割合が非常に高くなっています。

また、今は簡単に葬儀を行い、新型肺炎の流行が治った頃に改めてお別れ会を行う新しいスタイルの葬儀も普及しつつあります。このように、現代では決まった葬儀の形はなく、時代の変化とともに葬儀の形式が多様化し、柔軟にプランを変更できることで葬儀を実施しやすくなっています。

葬儀のありようも変えてしまった新型肺炎コロナウイルスですが、葬儀の簡略化、低価格化の一助となっていることは確かです。そういう意味では、葬儀を必要とする人たちにとっては渡に船のような状況なのかもしれません。

茅ヶ崎市での葬儀を検討されている方は、まずは良い葬儀社を見つけることから準備を進めてみていただければと思います。ちなみに、茅ヶ崎市での葬儀で評判の葬儀社グランドセレモニーは、低価格で華やかな葬儀が好評の葬儀社でして、火葬式プランであれば税込総額13.5万円から葬儀を行える、とても人気の葬儀社です。電話でできる無料相談は24時間365日、年中無休で受け付けてくれてるので、ぜひ利用したいものです。

茅ヶ崎市 葬儀